読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由と夢を掴みたい!!

「あゆゆん」という1人の人間(学童指導員なう)が書きたいことをジャンル関係なくひたすら書きまくる雑記ブログ。末永く続けていきたい。

卒業式のご父兄がうるさい

ブログ 日記

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

こんにちは。

今日は弟の中学校の卒業式に出席しました。

 

私も5年前の今日同じ中学校を卒業したので、自分の卒業と他の卒業ってどう違うんだろうと思って出席を。

 

保護者席で見ていたのですが、式中のご父兄の方々の私語が結構気になりましたね。

やっぱ歳取るとそこらへんに気をしなくなる・・・というか自分の声の大きさとか厚かましさとかあんまり意識してないのかなーと思いました。

カメラのシャッター音とかはまだ分かるのですが、式中の私語くらい我慢しようよって思うし、本人は小さい声だと思ってるんだろうなって感じます。

 

自分の卒業式だと、自分の卒業のことで頭がいっぱいだし、卒業生席と保護者席離れてるから気にしたことなかったけど。

自分が保護者席にいると周りの保護者の私語が気になりましたね。

 

(もし万が一この記事がバズりでもしたら「自意識過剰」だと叩かれそう)

影薄いブログだから大丈夫だけどw

 

まあ、地元の公立中だし、小学校からの付き合いのママ友同士だったりするので喋りたい気持ちも分かりますが。

 

自分が結婚して子ども生まれたときに、そういった式で恥ずかしくないようにしなければと思いました。

反面教師ですね。

 

ちなみに自分の中学校の卒業式といえば、不登校やってたので無理矢理卒業式に出席させられて嫌だった記憶しかないですね。

中3で転校してきて、最初の1ヶ月くらいしか教室で授業受けてないので。

修学旅行だって行ってないし、学年の半分は名前も顔も知らない状態で卒業を迎えたので、想い出も何もないですね。

 

でも、高校でデビューして、最終的に卒業式で答辞読むくらい充実した学校生活を送れました。

なので、中学生の方で学校生活辛いなとか思ってる人は、あまり将来に対して絶望しないでほしい。

私みたいに高校で初めて「学校って楽しい」って思う人もいれば、社会に出てから充実した生活送れてる人もいるので。

まあ中学生でこのブログ見てる人いないと思うけどさww

 

それに現在ニートな私が言っても説得力皆無なんだけれども。

 ぼちぼち良いお知らせできたら良いなと思っております。はい。

 

私が高校の卒業式で答辞を読んだとき、在学中に進路の相談とか家の相談とかして結構お世話になった倫理の先生から、「1年に1回、日本で高校がある分しか答辞読める人いないからね」と言われたのが印象に残っています。

実際は、学校によって定時制通信制で卒業式別けてあるし、2学期制で秋卒業とかあったりするからもっといるだろうけどね。

私が卒業した高校だってよくよく考えると、1年に3回卒業式ありますからねw

 

でも、そう言われた時はものすごく感動したし、自主性を重んじる校風だったので好き勝手いろいろやらせていただいて。

生徒会執行部員、◯◯副委員長、××委員長、▲▲副議長、●●同好会部長になりました。

万が一のことを考えて伏せておくw

答辞も立候補制だったんで立候補した結果読ませていただけることになったし。

意識高い高いごっこ。

 

不登校児だった中学時代の担任の先生が、高校時代の私の活動知ったらたぶん感動してくれると思うw

自分で言うなって話だけど、だって私頑張ったもん。

 

まあ高卒フリーターからのニートな時点でアレ。