自由と夢を掴みたい!!【旅行やグルメについて書くブログ】

元雑記ブログ。これからは旅行やグルメをメインに書いていこうと思います。

退職代行サービスSARABAを使って本当に退職できた話。

ご無沙汰してます。

このブログはニートの頃に暇で開設したのですが、そのあと仕事を見つけまして、それから更新頻度が下がってしまいました。

 

しかしながら、とうとう辞めてしまいました。

理由はいろいろあるのですが、同僚ともう一緒に働けない無理だってなりました。

退職に至った経緯を話すと長くなるので割愛。

特定されるのも怖いしw

 

上の人に言っても退職日を延ばされるし、上の対応に今までも不信感があったので、なるべく即日退職したいと思い、半信半疑ながらも退職代行サービスを使うことに。

お世話になったのはSARABAさん。

taisyokudaikou.com

他にもEXITとかいろいろ検討したけど、サービス内容や料金を天秤にかけた時に一番コスパが良かったので。

 

※ご利用は各自の責任でお願いします。トラブル等の責任は負いかねます。※

(詐欺でもなんでもなく本当に退職できたということだけお伝えします)

 またSARABAさんの回し者みたいに見えるかもしれませんが一銭たりとも貰っていません。純粋に感謝しているだけです。

 

 

 

まずLINEのアカウントを追加。

すると自動で退職代行の流れが送られてくる。

f:id:manoeri44:20181231094100p:image

f:id:manoeri44:20190102162422j:image

f:id:manoeri44:20181231094108p:image

 

LINEのアカウントを追加する前に電話をかけていたのですが、LINEの方を推奨されたためLINEにてやり取りを行うことに。

 

料金支払い

すぐにでも対応をしてほしかったため、銀行に振り込みをして、振り込んだ明細を写真撮って送りました。

本当に退職できるか分からんのに3万円振り込む勇気よ。

でもこの値段が高いと思わなかったあたり相当追い込まれてたのも事実。

藁にもすがる思いで振り込んだ。

 

ヒアリングシート」の記入

そしたら、「ヒアリングシート」を記入したくださいとのことで、

名前、職業、雇用形態、勤務年数、会社名、なぜ退職したいのか、会社とのやり取りについてなどの送られてきたテンプレをコピペして記入しました。

それと本人確認のために免許証の写真を送りました。

 

このやり取りは「明日から仕事行きたくない!」と思った日の夜でしたが、会社に退職する旨の連絡を入れるのは翌日の朝9時にお願いをしました。

 

本当に連絡してくれた

すると、翌日の朝9時過ぎにLINEが来ました。

「会社へご連絡いたしました。了解したが弊社(SARABA)の連絡先も含め文書でほしいということでした。」と連絡がきました。

個人的なやりとりになるので少し端折って書いていますが、そのような連絡が、電話をお願いした9時過ぎにすぐ来るというしっかりした迅速な対応に安心しました。

 

諸手続きを行う

そして、退職届と返却物をすぐに準備して速達で送りました。

退職届にはSARABAからの指示で「今後は退職代行サービス会社を連絡窓口として指定しますので電話連絡があればそちらまでお願いします。」と付け加えています。

 

すると、その翌日(SARABAから会社に連絡が行った次の日)、社長から私の携帯に連絡がありました。

留守電にメッセージ入っていたので聞いてみると、「退職代行サービスから電話があって退職すると聞きまして了解しましたが手続きは直接したいので来てください。」とのこと。

いやいや直接言っても取り合ってくれないから退職代行サービス使ったのに余計に合わせる顔ないわ!とか思いましたね。

 

しかし、この段階ではまだ会社に連絡が行っただけに過ぎないので、本当に退職できるか不安でした。

「何言われるか分からんけどSARABAに仲介入ってもらうのワンクッションあってめんどくさいし腹くくって社長のとこ行って手続きするか?でもそれなら3万円払った意味ないやろ」とか考えていました。

 

とりあえず、SARABAのLINEに「先程社長から電話があり出ずにいたら留守電に手続きは直接したいとメッセージが入っていました。腹をくくって電話かけ直して直接やり取りした方がいいんですかね?」と送ってみました。

すると、「直接のやり取りが厳しければ取らなくても結構です。もし何か伝えたいことがある時に本人と連絡が取れなければこちらに連絡がくると思いますので。」と返事がありました。

 

その言葉を信じて社長からの電話をスルーすることに(本当に申し訳ない)

 

するとまた翌日、SARABAからLINEが来ました。

「社長から連絡があり、返却物に不備があったとのことです。」ときました。(ほんと個人的なことだからめっちゃオブラートに包みます)

 

なので不備があった返却物をすぐに郵送で送りました。

 

本当に退職できた

それからしばらく会社からもSARABAからも連絡がなく、本当に退職できるか不安でしょうがない日々を送りつつ、就職活動を始めました。

すると最後のやり取りから約1週間後会社から封筒が届きました。

恐る恐る開封すると、「突然の退職手続きとなりましたが、退職の手続きを終え給料や社会保険料清算の結果不足分があったため不足分を支払ってください。支払い後領収書を送りますのでそれをもって退職完了となります。」みたいな文書と、離職票諸々が入っていました。

 

本当に退職できたという喜びでいっぱいでした。

すぐ不足分を郵送(ちゃんと現金封筒的な合法なやつでね)しました。

不足分を支払ったのが年末だったので、領収書が来たのは年明けてからでした。

 

領収書が届いてSARABAのLINEに報告して、ようやく全てが終わったという感じですかね。

 

さいごに

 

退職代行サービスを使うことに対しての批判もすごく分かるんだけど、退職代行サービスを使わざるを得ない気持ちも分かってほしいし、退職できなくて辛い思いをしてる人には是非一歩踏み出してほしいなと思います。

3万円を高いと思うか安いと思うかはあなた次第。

なんなら家賃と一緒の値段ですからね。

なんなら月給の3分の1ですよ。

それでも助けを求めたかった。それだけなんです。

 

本当に退職できてよかったです。

これからのことについては未定ですがしばらくゆっくりします。貯金もないけど。

糸島って島じゃないんですか!?糸島チャリ散策

先日、福岡県糸島市に半日観光してきました。

「そうだ!糸島に行こう!!」と思い立って、糸島への行き方を調べました。

 

え、糸島って島じゃないんかーい!

 

結構博多駅からのアクセスも良かったので、急遽糸島へ出発。

博多駅から地下鉄と乗り入れのJRに揺られていると筑前前原駅に到着。

 

駅前にある観光協会的なところに行き、貸しチャリを借りる。

電動アシスト付き自転車を借りました。

 

自転車で40分くらいかかりますが大丈夫ですか?とそこの人から言われましたが、、

普段、ママチャリ通勤してる自分にとっては余裕\(^^)/

借りるのは4時間、チャリダッシュで観光してこようと決意。※交通法に触れない程度に

 

有名なところへの行き方を案内してもらい、観光マップをいただき出発。

しかし初めての土地で道に迷うというタイムロス!

貰った観光マップ見ても分からなかったので、スマホの地図アプリのナビ機能を使うことに。

なんか遠回りしちゃったけど1時間10分ほどかけて、糸島の有名なパームビーチに到着!

着くまでの道のりは田舎道を通っていくので、なんだかなぁと思っていたのですが、海が見えた途端感動しました!!

 

f:id:manoeri44:20180730175835j:image

 

あいにくの曇り空だったんですが、おかげでそこまで暑すぎず潮風がとても気持ちよかったです。

 

f:id:manoeri44:20180730175948j:imagef:id:manoeri44:20180730175953j:image

 

そして最初にちょっと休憩しようと訪れたのは、「レストラン二見ヶ浦レストラン二見ヶ浦 TOP

ジンジャーレモンレモネードとソフトクリームを注文。

自転車で暑い中1時間ちょい漕いで疲れた身体には、とても冷たくて美味しくていい休憩になりました。

 

そしてビーチへ。

f:id:manoeri44:20180730180605j:image

f:id:manoeri44:20180730180631j:image

 

お客さんいっぱいいたし撮り方下手で申し訳ないんですが、、

砂浜に足踏み入れたら沈むわ沈むわ(T_T)

普通にスニーカー履いてたんで、スニーカーと靴下脱いで裸足になりました。

足元だけ海に浸かってみましたが冷たくて最高でした!

次行くときはビーチサンダルと水着でがっつり行きたいですね。

 

砂浜を散策したあとは、また海が見えるカフェへ。

f:id:manoeri44:20180730181029j:image

f:id:manoeri44:20180730181043j:image

「SURF SIDE Cafe」サーフサイドカフェ |糸島・二見ヶ浦のリゾートモール「パームビーチ・ザ・ガーデンズ」にて、タコスとタピオカ入りレモネード(ピンク)を注文。

インスタ映え重視(笑)

テラス席に移動しまして、ビーチ全体を見渡しながら食事ができました。

 

糸島のパームビーチ周辺は、観光客や海水浴客もいて平日にも関わらず夏休みということもあり混雑していましたが、ゆったりとした時間が流れていて、福岡にもこんな名所があったなんて知らなかった。

いや、ずっと「糸島いいよ」という話は聞いてはいたんですよ。

百聞は一見にしかずとはまさにこのことだな、と。

 

サーフィンしてる人たちがいて、自分もマリンスポーツに挑戦したいなと思ったり思わなかったり、、

 

そして、あっという間に自転車返す時間の1時間前になったので後ろ髪を引かれながらもチャリ漕いで駅前まで戻ることに。

往路よりかは短い時間で戻ることができましたが、筑前前原駅近辺で道に迷うという(笑)

 

f:id:manoeri44:20180730182224j:image

 

ということで無事に糸島半日観光ができました。

今回は突発的に糸島の知識もほとんどない状態で散策をしましたが、糸島の観光本とかも出ているので観光名所とか知識を頭に入れてまた次回リベンジしたいです。

行こうと思い立つまで糸島は島だと思っていたくらいですからね

 

白糸の滝も行ってみたいし、次回はクロスバイクを借りて乗り回したい。

 

約7か月ぶりに更新してみた。近況報告とお知らせも兼ねて。

お久しぶりです。かなりご無沙汰してます。

 

最後に更新したのいつだっけなーとか思いながら気づけば、7か月という月日が流れていましたw

 

元々ニート期にこのブログを開設し、「末永く続けたい」というポリシーの下、時々ではありますが更新してまいりました。

自分が更新するよりも、、

初期に繋がったブロガーさん、一方的に好きでファンやってたブロガーさん、勉強のために見ていた教育関係者のブロガーさん、、いろいろなブログを見るのが日課となっておりました。

 

しかし、好きなブログが多く更新されないままになってしまいました。(もちろん現在も更新されている好きなブログもありますが)

特に初期に繋がったブロガーさんお名前は出しませんが2人ほどいらっしゃいましたが、2人とも気づけば未更新のまま・・・

寂しい(´;ω;`)ウッ…

 

私自身も、このブログを書くにあたって、何を書くべきか迷ってしまいます。

当初の予定では雑記ブログと称し、書きたいことを好きなように書こうと思って、日記のようなものを書いたりしていました。

しかし、どうしても、匿名で出来事を書いていると知人友人等にバレてしまわないかという心配もあります。

なのでフェイクもちょこちょこ入れてはいるのですが・・・

 

こういったオープンな場で匿名で日記を書くよりも、「私」を知っている知人友人がいるSNSで書いたほうが交流にもなるし確実ではあります。

それでもSNSで日記を書くというのは、時には本心ではなく自分を良く見せたいがために書くこともあります。

 

やっぱり出来事に対して本心を徒然なるままに書きたい!って思う。

そうなってくると、こういった匿名ブログで日記を書くということになるのですが。

身バレが怖い。

もう一度言います、身バレが怖い()

 

考えた末にたどり着いた答えは、クローズドな場。

アナログな紙の日記かブログサービスで非公開にして書くかは迷い中ですが。

後者のほうが気持ち的には強いかな。

 

 

とりあえずこのブログで日記を書くのはやめたいと思います。

しばらく更新してなかっただろというツッコミはなしでw

あと今までの記事はほぼ非公開にしたいと思います。

ホテルのやつとか残すやつもあります。

 

そして、新しく、旅行系記事を書いていこうと考えています。

どういうのを書くかは未定ですし、もしかしたら書かないままかもしれません()

 

一人の人間としての投稿がなくなりますが、投稿者は相変わらず私ではありますので、よければ今後も更新した際には覗いていただけると幸いです。

 

この時期になると村上春樹をきっかけに恩師を想う。

今日の更新は普通に真面目に書きますw

 

今年のノーベル文学賞が発表されましたね。

 

今年の受賞はボブ・ディラン

恥ずかしながらこのニュースで初めてボブ・ディランを知りました。

アメリカの歌手なんですね。

 

歌手がノーベル文学賞を取ったということで、やはりいろいろなところで賛否両論あるみたいですが。

この受賞ニュースでボブ・ディランを知ったので、「歌手の傍ら執筆活動もしてたんだなぁ・・・どういう作品出してるんだろう?調べてみよう」と勘違いしたんですよね。

しかし、調べてみると、まさかの音楽表現(?)での受賞とのこと。

いろんな意味で衝撃的ですね。

一周回ってアリかなとも思うけど、今まで作家のための賞だったし作家の方々が受賞されるべきとも思います。

「詩的表現」という観点から観れば、ボブ・ディランも素晴らしい文章を書くのかもしれないけれども……。

 

 

そして本題へ。

毎年恒例で「村上春樹受賞逃す」という話題が上がる。

 

私は村上春樹の作品をしっかりと読んだことがない。

高校2年生のちょうどこの時期、「1Q84」を読もうとして挫折した経験ならある。

なぜ読もうと思ったのか?

それは、当時の国語の先生が授業中に村上春樹の話題を出したから。

 

「もうすぐノーベル文学賞が発表されます。先生は村上春樹に取ってほしいなーって思っていますが、なかなか取ることができないんですよね。ノーベル文学賞のニュースとかそのうち出てくるから、頭の片隅にでもいれておいてね(笑)」

ざっくりそういう話だったと思う。

本当にちょっとした雑談の括りでしかないし、その先生自身があの時そう語ったことを覚えてらっしゃるかどうかも微妙なところ。

 

私はノーベル文学賞の話題が出る度に先生の雑談を思い出す。

そして、私にとって恩師と呼べる先生でもある。

高2の時に勉強する意義や学校に通う意義を見い出せなくて、でも単位のために授業出ていて精神的にとても苦しかった。

そんな時に、その先生の国語の授業を受けていくうちに、学ぶことの奥深さ、授業を受ける大切さ、人として大事なこと、、いろいろなことを学んだ。

その授業を受けることによって、他の授業も頑張ろうって思うようにもなったし、少しずつ学校に楽しさも見いだせるようになってきた。

もし、その先生の授業を受けていなければ高2の途中くらいで退学していたかもしれない。

そう思うと感謝しても感謝しきれない。

 

小中学生時代は学校も先生も大嫌いだったのに、初めて心から尊敬できる先生に出会えたし、私もこういう先生になりたいって思うようになった。

教育の道を志すようになって、まだまだ心が揺らいでいる。

本当に通信で資格取って小学校教諭を目指す方向でいいのだろうか、ICT教育を深く学びたいから別の大学通いたい気持ちもあるし、キャリア教育にも関心が強いし、英語を専門的に教えたい気持ちもあるし、、いろいろと関心がある故に一つに絞れない。

学童で働きはじめて、自信をなくした部分もある。

しかし、どのような道に進んでも、その先生のようになりたいという最終的な目標は揺らいでいない。

 

 

私にとって、ノーベル文学賞は、自分のモチベーションを確認するきっかけにもなるし、恩師との想い出を思い返すきっかけにもなっている。

この秋は、頑張ってノルウェーの森を読破したい。

 

 

「好きなお笑い」もハマりすぎると純粋に「好き」とは言えなくなる

お題「好きなお笑い」

 

ブログネタあるにはあるんだけど、書くほどでもないなーとか思う。

かと言って何も書かないのはなんだかなーとも思う。

 

そこで、お題スロットを回す。

「好きなお笑い」について語ることにする。

 

お笑いに出会ったきっかけ

それは・・・エンタの神様

www.ntv.co.jp

 

私が小学生のころ、当時は大人気番組だった。

週明けの月曜日には学校で週末の番組の話題が上がることも多いけど、その中にもちろんエンタの神様もあった。

当時から漫才よりもコントを好む傾向があった私は、アンジャッシュキングオブコメディ、東京03、ザ・プラン9ラバーガールとか特に好きだった。

漫才にハマったのは中学生からかな。

オードリーとか磁石とか結構好きだった。というか今も好きなんだけど。

あとピン芸人だと、佐久間一行、小島よしお、daice、もう中学生、ハローケイスケ、たいがー・りー、ですよ。とかも好きだった。

 

母が某有名お笑い芸人(当時)の追っかけファンで家族ぐるみで応援していたこともあり、小中学生の頃は九州いろいろ回って営業で来るお笑いイベントとかライブとか行ってた。

小学生の頃はクラスで「お笑いと言えばあゆゆん」みたいなのはあったよね。

 

中学2年で一回お笑いを嫌いになりかける

私が中学生の頃は、「レッカペ芸人」が流行ったり、イケメン芸人(笑)の女子中高生人気が高まったりしてた。

中学生の時にクラスにお笑い語れる子がいて仲良くなったんだけど、その子は完全にイケメン芸人()にキャーキャー言うタイプのミーハーで、尚且つよしもと推し。

お笑いファン界隈のこと分かる人にはこういうタイプがいるとか分かると思う。

「なんだかなー」って思ってたんだけど、その後にいろいろあって仲悪くなった(お笑いは直接的には関係ないけど)んで、なんかお笑いも嫌いになった。

 

中学3年~高校1年で地元福岡のお笑いにハマる

中3の時に勉強しながらラジオを聴くのにハマっていた時期があった。

某ジャニメンのソロラジオを聴いて、その後に放送されていたローカル番組を流れで聴いてたんだけど、ものすごく面白くて。

その番組のMCが福岡のローカル芸人なんだけど、そのローカル芸人の他のレギュラー出演のテレビ番組とかもチェックするようになって。

ラジオ番組に関しては完全にハガキ職人常連の仲間入りになって。

ブログのコメントとかもしてたんだけど、中3の受験前にラジオ関連のイベントに出演されるということで、イベントに行ってみる。

ものすごく面白い。

ついでにラジオ関連のイベントということで、チェキを撮れたので一緒にチェキを撮った。

 

それから高校生になり、その芸人さんが出る事務所のライブとかも行きだす。

そして他の芸人さんも好きになる。

最終的には他の事務所の芸人さんの追っかけになる。

「福岡のお笑い」ファンみたいなね。

もちろんファンの頭数も少ないため、すぐに認知をされてしまう。

「お!◯◯ちゃんいつもありがとうございます!また来てくださいね!」みたいな会話を毎回する。

認知されたばかりの頃はものすごく嬉しかったけど、だんだんその言葉が精神的に重くなってきた。

 

とてもお世話になっていろいろな個人的な話もした芸人Aさんが東京に行った(進出ではなく無名で上京した)ときに、なんか虚しくなって心が空っぽになった。

あと高校生活が忙しくなったというのもあって、福岡のお笑いライブに足を運ばなくなった。

 

そして、めっちゃ大好きでのめり込んで同じく個人的な話もいろいろした芸人Bさんがお笑いという世界を辞めてしまったというのも大きかった。

芸人Bさんに関しては私が唯一のファンと言っても過言では無かった。

お笑いに対する情熱も近くで見ててものすごく感じたし、スベる時も結構あったけど面白い時はその日のライブ全部持っていくくらいものすごく面白かった。

お笑いの技術での面白さだけではなく、ライブならではの空気を作るのがとても上手だったし、ネタの世界観もトークもものすごく引き寄せられた。

ライブ前とか後とかで会話したりもいっぱいしたけど、個人的に1対1で話すのもものすごく楽しかったし、他の芸人さんと一緒に話すのもBさんの人柄の良さと面白さがにじみ出てて楽しかった。

なんなら少し恋愛感情的なものも抱いていたのが本音。

世間的には無名すぎるのと今は一般人になってるから名前出せないのがアレなんだけど、もっとその芸人Bさんの存在を知ってほしかった。

21年間生きてきた中で、いろいろお笑い芸人見てきた中で、一番応援してた大好きな芸人さん。

 

そして福岡のお笑いにハマるきっかけになったラジオ聴いて好きになった芸人さんは売れて東京進出しました。

東京の人も福岡の人もある程度名前知ってる人多いんじゃないかな。今はまだまだこれからって時で病気で活動制限かかってるけど。

サインとチェキは家宝にします。

 

 

あれ?お題スロットから離れてない?

お題スロット「好きなお笑い」だったね。

マイナスなことばかり書いてるし。

お笑いにハマってこじらせてもあんまり良いことないよ!

特定の芸人さんに入れ込むのもだんだん辛くなるよ!

私が大好きだった福岡の芸人さんは辞めたし、全国区で大好きだった芸人さんは不祥事で去年捕まったし、私が小学生の頃に家族ぐるみで応援していていろいろライブ行ってた某芸人さんは数年前に事故で亡くなったし。

 

manoeri44.hatenablog.com

 

 

 

今は、バラエティで気軽にオードリーとメイプル超合金を見ることがなんやかんや精神的に一番楽で面白いし楽しい。

 

 

 

 

 

ヒルナンデスで高級カプセルホテル「ファーストキャビン」が紹介された件

 

ヒルナンデスのコーナーであった、女性がお一人様で入るには不安な場所に潜入して、トリセツ作るよ!ってやつ。

そのコーナーの中で、私が行ったことのあるカプセルホテルが紹介されたので、感想と共に補足を。
 

カプセルホテル

紹介されたのは、ファーストキャビン。

first-cabin.jp

ロケで訪れていたのは愛宕山店。
私が行ったのは築地店でしたが、あまり変わらないのでご愛嬌で。

http://first-cabin.jp/img/locationlist/tsukiji_slide_img_01.jpg

 
「カプセルホテル」自体は2回目だったし、初めて行ったカプセルホテルはほんと一般的なカプセルホテルだったので、綺麗なカプセルだなーという印象。
カプセルじゃ食事できないけど、簡単にコンビニで買って持ち込んだ弁当を食べるスペースがロビーにあってありがたかった。
それとは別にレストラン兼バーみたいな場所もあった。利用してないけど。
 
サービス良いし綺麗だし悪いところは全くない。
でも、カプセルホテルとしては割高なので、とにかく安く済ませたい人には向いてないかなーと思う。
安いビジネスホテルと変わんないからね。
でも、安いビジネスホテル泊まるよりかは満足度高いと思う。
 

ファーストクラス

ファーストキャビンは空港、飛行機のファーストクラスをイメージして作られたとのことです。
なので、部屋(キャビン)の種類は2種類。
「ファーストクラス」と「ビジネスクラス」。
 
しかし、番組では「ファーストクラス」の方しか紹介されていなくてなんだかなぁと。

http://first-cabin.jp/img/locationlist/tsukiji_slide_img_05.jpg 
「ファーストクラス」は、1室1室ちゃんと広く作られていて、ベッド横にテーブル置いてあって1畳分ぐらいのスペースがあります。

私もファーストクラスに泊まりましたが、フツーに快適でした。

キャリーバッグ普通に持ち込めるので、便利でした。 

カプセルだとキャリーとかそういう大きな荷物は持ち込めないですからね。

ロッカーがあるところはあるし、入らなければフロントで預かってもらえますが。

 

でも、カプセルなのでカーテンみたいになっていて施錠ができないので、セキリュティ面はかなり不安でした。

お風呂やトイレの時はもちろん、寝る時も鍵付きセーフティケース(ベッドの下にあります)の中に貴重品を入れていました。

セーフティケースさえないカプセルがほとんどの中、セーフティケースがあるのはありがたいですね。

 

「ファーストクラス」は、6800円するので安いビジホと対して変わらない・・・

むしろビジホで安いとこ探せば6800円でお釣りくるよ・・・

 

ただ上でも言ったように、ものすごくキレイだしサービスもそこそこ良いし大浴場もあるしアメニティも揃っているので、変に安くてユニットバスボロくて壁薄くて無愛想なサービスなビジホよりも満足度はかなり高いです。

 

しかし、カプセルなことには変わりないので生活音にはかなり気を使います。他の部屋の音も聞こえてしまいます。

なので、そこに神経質にならなければかなりオススメできます。 

 

ビジネスクラス

番組では「ファーストクラス」の方しか紹介されていませんでしたが、もう1つ「ビジネスクラス」があります。

ビジネスクラス」は、「ファーストクラス」と違い、横のスペースやテーブルがなく、ベッドのみ。

それでも、ファーストクラスと同じように1室ごとに作られているし、他のカプセルホテルに比べたら広いです。

鍵付きセーフティケースやコンセント、テレビもファーストクラスと同じように備えられているので、違いはベッド横の1畳分くらいのスペースがあるかないかぐらいですかね。

ファーストクラスよりも1000円安い5800円なので、1000円=ベッド横の1畳分くらいのスペースといった計算になりますね。(多分w)

キャリーとか大きいバッグとか持ち込めないけど、フロントで預かってもらえるし、当日のチェックイン前から大きい荷物預かってもらえるのでありがたいですね。

 

 

コンセプトが飛行機ということもあり、「ファーストクラス」が1番良くて、次に「ビジネスクラス」という名前もこだわり感じますね。

ファースキャビンからすれば、普通のカプセルホテルは「エコノミークラス」と言った感じなのかな?

 

 

 

東京って安く済ませようと思えばいろんなホテルたくさんあるけど、安く済ませたい!でも快適に過ごしたい!って思う人達にちょうど良いホテルだと思います。

普段、格安のカプセルホテルを利用している人がちょっとだけ贅沢したいっていう時とかにこっち利用すると元に戻れなくなるかもしれないw

 

都内だけで秋葉原羽田空港第一ターミナル、築地、愛宕山、赤坂(今月30日オープン)に店があります。

他には京都、大阪、福岡にも。

 

今度東京行く時にまたお世話になろうかと考えてホームページ見てたんだけど、秋葉原店が都内では一番安いみたい。

ファーストクラスが5900円、ビジネスクラスが4900円。

他の店舗よりも900円安い!

バー的なものが併設されていないからかな?

 

今度東京行くときの行動範囲的にも秋葉原が一番便利だし秋葉原のファーストクラスに泊まろうかなぁ。

 

この前築地店に泊まった時、元々秋葉原で予約するつもりだったんです。

でも、予約するときにはファーストクラス埋まってて。

どうしてもファーストクラスが良かったので、まだ埋まってなかった築地で予約したんですよね。

やっぱり都内で1番安いの秋葉原だからファーストクラスすぐ埋まるんだろうな・・・。

他の店舗のビジネスクラスの値段に+100円で秋葉原のファーストクラスだもん。

 

まだ2泊3日にするか1泊2日にするか決めてないけど、確実に1泊は決定なので決定してる方の日程で先に予約しておこうかな。

2泊3日になったら、もう1泊は別の場所で取ってもいいし、スパラクーアで仮眠でもいいし。

 

長文になっちゃった!しかもマイナス点よりプラス点ばかり書いちゃったから、ファーストキャビンの回し者みたいになってるしw

ファーストキャビンの関係者ではございませんww

 

普通のカプセルホテルとかビジネスホテルとかでも平気な人にはほんと快適に過ごせると思う。ただそれだけ。

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート女性日記へ
にほんブログ村


日記・雑談(20歳代) ブログランキングへ

NAVERまとめで過去に執筆してた記事が最近急にアクセス増えた件。

今日もニート絶好調☆

ということでパソコンカタカタして、NAVERまとめを見たら自分が書いた記事が今まで見たこと無いPV数叩き出していたので驚きました。

 

NAVERまとめを始めたきっかけ。

元々キュレーションサイトでネットサーフィンするのが好きなのですが、特にジャンルにこだわらず幅広くいろんな記事がある「NAVERまとめ」を見るのが好きだったんです。

で、高校生の卒業控えた2月頃に、在宅ワークを何があるかいろいろ調べていたのですが、なんと・・・私が好きなNAVERまとめ、誰でも記事作成できて報酬まで貰えるとのこと。

これはやってみたいぞ」と思い、早速パソコンでまとめてみる。

暇だったので1週間で4記事作ってアップ。

しかし、「まとめ記事作成のハウツー」も知らない高校生の初心者がまとめた記事は4つとも、なかなかPVアップに繋がらない。

  • 某男性アイドル(後列固定メンバー)の画像集
  • 某女性アイドルの一部のメンバーが出演する映画の時事的なニュース記事
  • 「"某女性アイドル"勢いある今注目!!」みたいなヲタクによる一般人に向けた宣伝記事
  • 卵かけご飯レシピ集

はい、こんなの誰が見るんだよって話ですよねw

バズるほど内容面白くもないし、見る人も限られますよね。

これでもたまにPVはあります。一応。一桁くらいだけど。

 

そして、書いたアイドルがテレビ出たりとかちょっとニュースになったりとかそういう時はもう少しPV増えます。

 

プチバズった記事を作ったとき。

この記事を作ったのは去年4月上旬。

当時私は某英会話スクールに通っていました。

そして、ふと「このスクールのことまとめてNAVERまとめに上げよう」って思ったんです。

しかし、この段階ではまだライターの仕事とか始める前で、ただ個人的に趣味の一環でやってただけなので、出来上がりも今思うと全然ダメなのですが、、

当時の私は満足しました。

PV数もそんなに多くはなかったのですが、それまでに上げたまとめ記事に比べると一定数常にPVありました。

まあ「某英会話スクール」とか言って言葉濁してますけど、8年ほど前に不祥事起こして一時期破綻状態にあったところですね←

駅前留学。うさぎ。

ここまできたら隠してないしもう言っちゃうと、「NOVA」ですねw

1月4日からPV数が急に上がったのですが、なんと昨日のPV数が1156でした。

びっくりしました(´;ω;`)

それでも全体の4分の1という、元々のトータルPV数が約4800と少ないんですが。

個人的な比率で言えば、今までで最高のPV数を記録しました。

トップページに載ったわけではないので大きな声で「バズりました!!」とは言えないんですが、twitterに拡散してくれた人もいたし、yahooさんで「NOVA 事件」で調べると上から4番目に出てくるレベルになりました。

matome.naver.jp

載せるか迷ったけど結局載せちゃう。

 

なぜ急にPVが増えたのか?考察してみる

こんな急にPV増えると、「どこかで紹介されたのか」とか「NOVAに新しい動きでもあったのか」とかいろいろ考えます。

twitterで拡散していただいたのでそこかとも思いましたが、RT数0だったので原因はここじゃないな、と。

そして、NAVERまとめのまとめ管理というところから、どこから流れてきたのかとかそういうアクセス分析見ていたのですが、グーグルさんとヤフーさんの検索から辿り着いてる人が圧倒的でした。

検索ワードも今までと変わらず。

PV数が10倍以上に増えただけで、流れてくるところやワードは全く変わっていませんでした。

そこから、今度はTwitterで「NOVA」と検索。

やっと答えわかりました!!

 

NOVAのCMが年明けから久しぶりに流れ始めたらしい。

 


駅前留学NOVA(NOVAうさぎ) CM  ~2016年Ver~

 

「NOVAのCM久しぶり見たw」「NOVAうさぎ懐かしいな」「NOVAって今もやってんだ」とかいろいろツイートされてました。

そこから、NOVAのこと検索して、私が作成したまとめ記事に辿り着いたんだろうなと結論。

このPV数も長くは続かないんだろうな・・・w

 

まとめ記事作成するにあたって大事なことを学んだ

NAVERまとめに関しては、クラウドソーシングサービスとかを通してやっているライター業でしているわけではなく。

完全に個人で趣味の範囲でまとめたいものを好きにまとめてたんです。

 

PV数や良い記事が作られているかとかでインセンティブの報酬もいただけるのですが、1円とかだったのが、今現在の確定額が4円になり、見込額(毎月15日に確定)が42円となっています。

金額的には少ないですが、作成している記事の数も少ないし、完全に自分が好きな様にただまとめてただけなので、それでお金が貰えるのは嬉しいことです。

 

しかし、他所でライターの卵としてお仕事して人に見られることを意識した書き方を少しだけ勉強して思うのが、いくら仕事ではなく趣味で書いているとは言ってもやはり「読み手のことを意識した文章」を書かなければと思うようになりました。

最近はあまりまとめ記事作成してないので、自分の成長も兼ねてもうちょっと頑張ってみようかなと思います。

 

でも、お金貰って書いてるわけではないので、マイペースに自分が書きたいと思った事(もの)について書いていけたらな。

ブログでも同じことが言えますね。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 20代の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート女性日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 20代 日々のできごとへ
にほんブログ村

 


生き方 ブログランキングへ


日記・雑談(20歳代) ブログランキングへ


日々の出来事 ブログランキングへ